記事一覧

浜離宮観察会2016のとお

 いっし~のしったか~ら
ファイル 241-1.jpg
 とっびけ~のま~ゆが~~~ごちゃっと
 
  
ファイル 241-2.jpg
 なにかいる~~~~けど、葉っぱが邪魔
 
ファイル 241-3.jpg
 お
 
ファイル 241-4.jpg
 なんとか
 
ファイル 241-5.jpg
 ハリアリの♂でした。

浜離宮観察会2016の8

 ルリルリ・・・ここでは初回以来11年ぶりのルリアリです。
 とにかくちっさくてすばやいので、撒き餌で巣口を探します・・・
ファイル 240-2.jpg
 
 みつけって・・・ちっさ!
ファイル 240-1.jpg
 赤丸がそうだったよ・・・
 これ、歩道脇のクイなんだよ。チミたち、ご飯はどこで採ってるんだい?
 
ファイル 240-3.jpg
ファイル 240-4.jpg
ファイル 240-5.jpg
 出入りを待って撮影したけどやっぱしちっさい
 
ルリアリ Ochetellus glaber
 アリ科 カタアリ亜科 ルリアリ属 体調2mm
 肉食女子で、ハチの巣を襲ったりするのよ。
 たまに家電とか踏切の信号機とかに入り込んでオチャメする困ったちゃん。

浜離宮観察会2016の7

ファイル 239-1.jpgファイル 239-2.jpgファイル 239-3.jpg

ヒメアリ Monomorium intrudens
 アリ科 フタフシアリ亜科 ヒメアリ属
 
 ちっちゃいのだ。
 どんな隙間でも入らずにいられない困ったちゃんです。
 タッパのふたの隙間にズラ~っと頭つっこんで動けなくなってしまうヒョ~キン物デス。
 おかげで世話どころでは無くなってしまう恐ろしい子です。
 この子を何の問題も無く飼育できるケースを作るのが目標です。

浜離宮観察会2016の7

ファイル 238-1.jpgファイル 238-2.jpgファイル 238-3.jpg

 アシナガアリはいたるところでダンゴムシを運んでいました。
 あの堅いダンゴムシを積極的に狩る様子は初めて見ましたねぇ。
 
 丸印が巣口のようで、ダンゴムシを運び込んでました。
ファイル 238-4.jpg
 
 
 後、給餌器の試作品が届いたのでテスト中です。
ファイル 238-5.jpg

浜離宮観察会の6

ファイル 237-1.jpgファイル 237-2.jpgファイル 237-3.jpgファイル 237-4.jpgファイル 237-5.jpg

 アシナガアリ  Aphaenogaster famelica
 アリ科 フタフシアリ亜科 アシナガアリ属
 
 名前の通り足の長いアリさん。
 体もスリムです。うらやましい・・・。
 傾斜地などに住むアリで、浜離宮では水路沿いの石垣の隙間が巣口になってました。
 イソアシナガアリと違ってお腹を曲げたりしないです。
 早朝、明るくなる前に飛行するそうですよ。
 
 観察会では、いつもの場所でナカナカ見つからなくて、滅んじゃった?ナンテ心配しましたが、ちょっと離れたところで見つけたと思ったら、そこら中にいました・・・ヨカッタヨカッタ。

浜離宮観察会の5

ファイル 236-1.jpgファイル 236-2.jpgファイル 236-3.jpgファイル 236-4.jpgファイル 236-5.jpg

ハリブトシリアゲアリ
Crematogaster matsumurai
アリ科 フタフシアリ亜科 シリアゲアリ属 シリアゲアリ亜属
 
 樹上営巣。木の枝などの中に巣を作る。
 和名に違和感のある蟻。
 ハリブトだけど、太いのは針では無くトゲ。
 
 この子もちゃんと飼ったこと無いんだよね。女王捕獲は何度かあるけど、羽化したこと無かったなぁ・・・テラニシシリアゲアリとよく似ていて、かつては同じ種類に分類されてたこです。そのときはトビイロシリアケアリって和名だったんで、古い書物なんかだとそのままだったりするみたい。


↓こっちにアップするの忘れてたので・・・
 働かざる者喰うべからず・・・行き遅れも同じ事・・・アリの世界もキビシイですなぁ・・・交尾できなかった元有翅メス(王女)、ワーカー落ちしたらしっかり働きます。(運んでるのはつぶした元挽肉)

 噂には聞いてましたが・・・実際見るのは初めてです。

浜離宮観察会の4

ファイル 235-1.jpg

 ヨツボシオオアリ・・・コレ1枚しか撮ってなかったか・・・
 
 Camponotus quadrinotatus
 アリ科 ヤマアリ亜科 オオアリ属 クサオオアリ亜属
 樹上製のアリンコ。
 木の割れ目とか樹皮の下とかに営巣。町中の街路樹とかにもいるので、探してみよう。
 よく見かけるけど、今一良くわかんない子。増えないんだよねぇ・・・

蟻巣製作模様

 水槽利用の蟻巣作成です。
 
ファイル 234-1.jpg
①まず材料っ巣。

グラスガーデン R180 3 2点セット

新品価格
¥2,980から
(2016/6/30 20:48時点)



 ↑この水槽を使ってます。サイズがお手頃なので。ガラス製の水槽なら、変形することもないしシリコン接着で貼り合わせてあるのでバラしやすいからです。
 焼き石膏。硬化促進剤とか入ってないやつね。
 水槽用シリコンバスコークってやつを愛用してます。マスキングテープ付きなのが良いです。
 彫刻刀はやっすいので十分。
 絵の具・・・水性絵の具です。石膏の着色用ね。
 プラ板・・・ってか、PET板です。無くても良いかも
 園芸用スポンジのオアシスは無くても良いです。
 

②水槽にカットしたオアシス仕込みます。軽量化&石膏節約&保水用です。無くても良いです。
③アクリルパイプ刺します。吸水口です。
④バケツに水を入れて、絵の具を溶きます。このサイズだと焦げ茶2本、黒1本ぶち込みます。真っ黒ぢゃね~かって?そのとおり。石膏が白いのでカナリ薄くなっちゃいます。
⑤石膏ぶち込んでかき混ぜます。
⑥ゴム手して手を入れてグニグニします。
 
ファイル 234-2.jpg
①水槽に流し込みます。オアシスが動かないように注意しましょう。流し込み終わったら、周辺を細かく叩きまくります。気泡を取るためですね。浮き上がってきたら、楊枝でプチプチつぶしましょ。
②固まるまで放置プレイ。
③固まったら、接着面にカッターを入れます。慎重に、慌てずゆっくり入れていって剥がしましょう。
④底も剥がすと取りやすくなるのでサクッと引っぺがします。
⑤取り出し完了。
⑥彫刻刀で荒削り。今回は、自然っぽくしてみたかったのでワザとゴツゴツ刺せてみます。通路と部屋の境界も曖昧に・・・
 
ファイル 234-3.jpg
①行き当たりばったりなのでこんな感じ。
②床だけはちょっと整えます。できる限り水平、もしくはちょっとだけ奥を低めに・・・卵とかが転がっていかないようにね。終わったら、削りかすをキレイに掃除します。
 ゴツゴツ系がイヤな方は、ある程度整えたらルーターとかを使ってキレイにならしていきましょう。
③天井に板を張ります。掃除しやすくするためですね。石膏そのままだと黴びたりすることもあるので、シリコンで貼り付けて固まるまでテープで固定します。
④固まったら水槽に取り付けます。シリコンは石膏には完全につかないので剥がれてしまわないように慎重に。心配なら、水槽に取り付けてからガラス面にもちょっとつくようにシリコンを再塗布しましょう。
⑤バラした面をシリコンで貼り付けて、固まるまでテープで固定します。
⑥完全解放で使う場合は、逃走防止剤を使います。上側数㎝ほどにテープを貼ってから塗ると綺麗に仕上がります。
 逃走防止剤はフルオンか、ベビーパウダー、タルクを水でしっかり溶いた物が有効です。しっかり塗りましょう。
 
ファイル 234-4.jpg
 完成・・・飾り付けはご自由に。
 
 で、蟻の逃走防止剤、フルオンのテストです。
 観察会の時に、つくば・あべさんから食卓塩の容器に入った白い液体をいただきました。4年前にもらった物だけど使わなかったから・・・ということでありがたく・・・すでに分離して底の方で固まってますが・・・とりあえずかき混ぜて・・・混ざらなかったけどテスト。

 パウダー系のように、滑り落ちるって反応じゃ無いね。
 嫌って飛び退くって感じ?びょ~んと。ツルツル滑るわけじゃ無いから、ある程度幅広に塗った方が良さそうです。
 他に、触覚で触れるとUターンって子もいましたね。
 逃走防止効果は間違いないようです。

浜離宮観察会2016の4

ファイル 233-1.jpgファイル 233-2.jpgファイル 233-3.jpgファイル 233-4.jpgファイル 233-5.jpg

 イソアシナガアリ 
 アリ科フタフシアリ亜科アシナガアリ属
 Aphaenogaster osimensis
 
 この観察会のメインキャストです。
 体が赤く、スリムな出で立ちのお嬢達です。
 腹部(お尻)を体の内側に折り曲げて動くことが多いので、アリに見えないという方もいますな。
 撮影のためにゼリーで餌付けすると、律儀にかみちぎって運んでゆきます。他の種はなめるだけって子が多いんだけどね。
 石垣の隙間とかに巣を作るので、巣を暴くことも出来ずあまりよく分かっていない種です。

サイズが良かったので

 育児室として購入した物ですが、餌やり器としても使えそうなのでお知らせ・・・
 

Dowonsol 15個 5ml 透明 ガラス小瓶 コルク栓(約12x60mm瓶口内径:約10mm) 円柱 ガラス容器 手芸材料 試験管瓶用 プランタ ビオトープ アクセサリーケースリングケース

新品価格
¥980から
(2016/6/29 08:28時点)





 で、こっちは逃走防止剤のフルオン
 観察会の時に、つくばあべさんからいただいてしまいました・・・っても、けっこう古い物のようで沈殿して固まってました・・・まだ使えるのかな・・・試してみてレポートします。

http://昆虫-アリの飼育-販売のアントファーム.com/html/furuon10.html