記事一覧

15mm

ファイル 378-1.jpg
 15mm版も届きました。
 
 
ファイル 378-2.jpg
 早速貼り付け。
 サイズの関係で和名のみ、学名とサイズは収まりませんでした。
透明な下地はどうかな・・・と思ったけど、悪くないね。
 
 
 
ファイル 378-3.jpg
 ノリでつくったけど、使い道思い付かないので、とりあえず冷蔵庫をデコってみた。
 
 
 で、トゲの方ですが、最初に捕獲した方がなんとか・・・なりそうです。
 観察会の夜、とりあえず小さなタッパーにホストワーカーと1vs1にして1晩、2匹目の、足に欠損のあった個体は相変わらず逃げ惑い、という感じで断念。余生をシリンダーで過ごしてもらって、昇天後はサンプルになっていただきます。
 1匹目は無事マウント行動を取っていたので、現在ならし中。ワーカー4匹までなじみました。明日あたり巣に入れてみましょう。

試作軍団

ファイル 373-1.jpg

 一応全部動くしパワーも問題無いので保管。
 もしいつか、観察会とか出来たときのために。
 

mini

 失敗の山・・・いつものことですな。
ファイル 371-1.jpg
 今回は電池ボックスも自前で造形・・・そのフタがむつかしい。
 
 
 でも完成。
ファイル 371-2.jpg
 女王用のミニタイプです。
 
ファイル 371-3.jpg
 こんな感じで持つように・・・サイズ感も
 
ファイル 371-4.jpg
 単三2本です。
 
 
ファイル 371-5.jpg
 親子。

感謝からの・・・

 乾電池式電動吸蟻機、2台ヤフオクにて落札いただきました。
ファイル 369-1.jpg 
 ありがとうございます。3台目は流れてしまいましたが・・・(^^;また出してるのでヨロシコです。
 
 
 で、その資金を元に、来年目指して新たに開発開始。
 
 
 乾電池式電動吸蟻機miniでございます。
ファイル 369-2.jpg
 こんなくらい。
 初造形は盛大に失敗しました。
 
 
 
ファイル 369-3.jpg
 単三電池2本駆動です。
 失敗したのは電池のフタです。こういう繊細なところは難しいね。
 女王捕獲戦用ってことで思いっきり小型化です。
 小型種とか、初期コロニーくらいならコロニー採取も行けるかな?モーターパワーはカナリ落ちるんで、女王用って思ってもらった方が良いと思います。
 

閑話休題

 テストも無事完了し、十分な性能が出せることも確認できました。
 さらにプリンターもダヴィンチminiから、ドリーマーにバージョンアップ、微調整を行って完成しました。
 
ファイル 360-1.jpg
 メイン素材はPLAです。
 3Dプリンターの代表的な素材です。エコらしいです。
 吸引ホースはシリコンチューブ、内径10mmですね。
 着脱式から固定式に変更しました。理由は後述。
 
 
ファイル 360-2.jpg
 持ち手とスイッチはこんな感じ。
 
 
 
ファイル 360-3.jpg
 吸引ホースのホルダーを新設しました。
 これをつけたので着脱式をやめました。
 ホースをまとめられるんで外す必要なくなったんですね。
 接続部分で踏ん張られる心配も無くなりました。
 
 
ファイル 360-4.jpg
 ネックホルダーの取り付け部分も・・・両サイドにあります。
 
 
ファイル 360-5.jpg
 単三電池4本使用6Vです。
 
 
 トゲアリには通用しません。
 踏ん張り力がハンパ無いことが分かりました。
 ムネアカは問題無く吸えます。
 
 ということで、近いうちにこいつをヤフオクかなんかに出してみたいと思います。

コメント一覧

A.K - 10/05 22:26 Edit

ヤフオクでの価格・検索キーワードを教えていただけないでしょうか?
今年からアリンコ飼育にハマった初心者です。

シン・ハン - 10/06 06:55 Edit

レスありがとうございます。
材料費の計算がまだでアリまして・・・登録前に上げる時間や詳細などは掲示板の方でお知らせさせていただきマス。

バード メール - 10/06 17:19 Edit

シンハンさんバードです。
いいのが出来ましたね。
前回のコメントでは無理かと思っていましたが、この時を
待ってました。

自作の自動吸引機もアリますが、若干、吸引が弱いのと大き
さが気になります。
あとは、値段が・・・

追:トゲ観察天気にも恵まれ堪能され、良かったですね。
次回は是非、参加したいと思います。

シン・ハン - 10/07 19:28 Edit

出品したでアリます。

カテゴリ
 ペット、生き物>虫類>その他
品名
 乾電池式電動吸蟻機
スタート価格
 4,500円
送料
 落札者負担
おまけつき
 
です。よろしくお願いいたします。

ぷりぃ~~~ず

ファイル 354-1.jpg
 はい、壊れました。
 2週間くらい前ですかね。ガイドチューブがすっぽ抜けてしまいます。ここがすっぽ抜けると、フィラメントがうにょーんと飛び出るだけで造形できなくなってしまいます。
 3ヶ月ちょいでの故障ですが、1年保証なんて日本的な制度はないし、購入時の梱包で送り返すようにとか・・・ねぇよ。
 キャノンとかエプソンで作ってくれんかね。3Dプリンタ
 
 ガイドチューブは自力で固定して見ました。
 使い捨て覚悟です。
 そもそも専用フィラメントしか使えないし、ほしい色はいつも在庫無い上高いし、他の色も高めだし、突然切れて造形不良起こすし・・・ってことで、心が離れ気味でもアリマス。
 ゼニさえあれば買い換えたい・・・
 
 
ファイル 354-2.jpg
 一応造形も出来てます。
 新作、ペットボトルのキャップが使える給餌器。

とりあえず打ち止め

ファイル 353-1.jpg

 実用可能機が4機完成しました。
プロトタイプ(赤)と、ファンも自作した機体(1機)は音が・・・ですが、吸引力は申し分ないので観察会で引き取り手を探しましょう。完成機(白)は自分で、最後の1機は押し付け用で。

コメント一覧

バード メール - 09/03 16:54 Edit

ご無沙汰しております。
いいのができましたね!宜しければ力作を1基(できれば白色)、譲っていただけるとアリがたいのですが、おいくらぐらいですか。

シン・ハン - 09/03 18:03 Edit

 打ち止めですってば・・・
 白は書いてあるとおり自分で使います。
 クリアのファンDMM.make製Verはすでに送りつけ先は決めてます。
 
 販売・・・は難しいです。
 実際に採集でアリを吸ったりテストしなければならないですし、現状採集に出かけられる時間がありません。
 私の使ってる低価格3Dプリンターでは変形、剥がれといった造形中の失敗も多く、大型パーツの多い造形ではロスがハンパナイです。一番小さなパーツでも4時間ほどかかるので。
 そういった意味で価格が決められません。

バード メール - 09/04 14:36 Edit

そうでアリましたか。分かりました。

シン・ハン - 09/04 19:37 Edit

 とりあえず、年内には実地テストを済ませて安定生産できるようになアリたいですね。
 ダヴィンチminiはフィラメントが専用しか使えない上、なぜか白は高く入手に時間がかかるという問題を抱えています。
 光造形は高すぎて手が出ないので、熱式でランニングコストが良くて失敗の少ない機体を手に入れたいところです。
 全てDMM.make造形で行けば失敗無しなので現状でも価格は出ますが、22.000円超えます。
 ファン以外自家製だと現状7,000~10,000ですかね。

完成


 
 
 
ファイル 352-1.jpg
 失敗の山・・・

ファイル 352-2.jpg
 精密さが重要なファンはDMM.makeで造形
 
ファイル 352-3.jpg
 組み立て中
 
ファイル 352-4.jpg
 高さを抑制
 
ファイル 352-5.jpg
 持ち手とボタン位置を変更

でぇた

 ここでちょいちょいネタにした蟻巣のSTLデータを工房で公開しました。
 ダ・ヴィンチminiで造形、実際に使用しています。

 別途、床材の石膏と餌場、透明な10㎝角の板をご用意ください。

ページ移動