エントリー

カテゴリー「工作」の検索結果は以下のとおりです。

おもひでのいつ

20190321082417.jpg

 今年になって始めた強化策・・・の失敗。

 モーター変えずに、これ以上大きくならずに強化するには…で考えたのが、素人設計で効率悪いのかもしれないと思っていたファンの改善…

 エアホイルファンという構造を見つけて、試してみましたが…安定して若干の強化になる構造ってことなんですが、逆に振動と騒音が強化されてしまいました。

 3Dプリンターではきれいに造形できないから…かもしれません。

おもひでのよ

 試作の山を繰り返してようやく完成した乾電池式電動吸虫機。

 ヤフオクなどを通して販売もしました。ご購入いただいた皆様に感謝。

 そういえば、3Dプリンターもフラッシュフォージ、ドリーマーを導入して、2色同時造形が可能に…なったんですが、その機能はダメダメでした。

 かろうじて頂点の名盤はそれっぽい感じにできましたが、本体部分の2色カラーリングはとてもお見せできるようなものには…

 

20190321082416.jpg

 パワーも申し分なく(と思い込んでいた)、これが完成形・・・のはずだったんですがねぇ…。

 

 

 ↓試作のみで終った小型吸虫機。

 女王捕獲等に作ってみたけど、コストの割に…な出来栄えでしたか。

20190321082415.jpg

 

 トゲアリ観察会で、木にしがみつくトゲアリに全く歯が立たない、という事実が判明するまでは、満足していたんですが…

おもひでのみ

ダ・ヴィンチミニが私の3Dプリンター入門機となりました。

そして

↓試作品たち

 20190321082414.jpg

 

  パーツの接合部のみとか、ファンのみとか、細かい試作を繰り返してようやく形になったのが一番左の赤い奴、以下バージョンアップしていきます。

  小型化、清音化、接合部の調整、ホース組み込みの変更、収納用ホースホルダー追加、ネックストラップ用パーツ追加など、細かく修正しながらバタバタと造形しまくります。

 1台分造形に30時間程度かかっていましたので、ほぼ毎日18時間くらい動きっぱなしだったかもしれません。

  ちなみにこの子たちは、その後知人などに 押し付け巣立っていきました。

 

おもひでのに

 DMM.makeというサービスに出会ったことで、私の吸虫機づくりは大きく路線変更します。

 3Dプリンターを持っていなくても形になる。というのは大きな魅力でした。

 なんせ、この当時の3Dプリンターのイメージって、難しくてめんどくさくてすぐ壊れる…だったんで。

 3Dソフトの方は、DMM.makeで紹介されていた123D-Desinというフリーソフトを利用しました。昔、六角大王というソフトでいじったことがあったので、割とすんなりなじめました。

 

20190321082413.jpg

 この方法の最大の欠点は、依頼してから到着するまでの時間と価格…。

 試作ができないから、いざ出来上がってくると肉厚が薄すぎてすぐ壊れる、予定通りに結合できない、全然吸わないなどなど、散在してくれました。

 

 で、とうとう3Dプリンターを購入する気になったわけです。

おもひでのいち

 電動吸虫機。

 前にもこれまでの遍歴について書いたことあったけど、ブログが新しくなって以前のものが消えているので、新型のめどが立った機会に改めてまとめます。

 

 ↓処女作と書いてありますが、実はこの前に、充電式ハンドクリーナーの吸い込み口に吸虫管をくっつけただけのものがありました。画像がないし、作ったというほどのものでもなかったので…で、あまりの大きさに実用的でないと壊れたドライヤーの中身を抜いて、ハンドクリーナーのファンを利用したタイプを作りました。

 本当はこの先に吸虫管がくっつくのですが、画像ありませんでした。

20190321082407.jpg

 ↑ドライヤータイプを解体して、首からかけて使う用に作り直したもの。

 乾電池8本使用でパワーアップさせました。パワー、使い勝手ともに満足してたんですけどね、やっぱり大きすぎる感はありました。

 

 ↓手軽な卓上クリーナーを見つけて利用したのが3代目。このタイプは小さくてお気に入りに進化しました。これはまだ初期だけど。

20190321082408.jpg

 

 ↓模索中。

 20190321082409.jpg

 

 ↓模索中

20190321082410.jpg

 

 ↓とりあえず完成形。

 卓上クリーナー部分を大幅に切り取ったりパテで形整えたり、一転ものですがこれも結構気に入って、しばらく使ってました。

20190321082411.jpg

 

 ↓簡易版。簡単に作ることが目的で、いくつか配ったですね。簡単にできる分脆さがネックでした。

20190321082412.jpg

 

 と、ここまでが手作り編です。

やりづらい

自宅の123D-Designがエラーで使えなくなったと思ってたけど、どうやらテクスチャーが機能しないだけらしい。

ワイヤーフレームだけだから非常にやりづらいけど、なんとかなるか・・・?

20190211075458.jpg

苦労して大型の水飲み設計。

蜜餌用には大きすぎるので途中で痛むだろうからあくまで水飲み

無理があったようだ

20190206200000.jpg

エアホイルファン6時間・モーター&持ち手部10時間・ファン部4時間・ボトル接続部3時間

造形時間である。

23時間かけて新型ファン搭載の試作機が完成である。

 

結果から言うと、旧型の勝利です…振動と音が大きい。

安定して静音、パワーアップがエアホイルファンの利点なのに…やはり先端部が・・・3Dプリンターで小型エアホイルは無理なんかね…

 

パワーはね…ん~~~よくわからん。

ちんぷんかんぷん

 電動吸虫機のパワーアップを模索しております。

 今までのでも十分なんだけどね、トゲアリに歯が立たなかったのが悔しくて(^^;

 まぁ、単純に6Vから12Vにするだけでパワーアップできるんだけどね。電池倍いるから製造コストもランニングコストも高くなるし、重くなるし(乾電池は重い)、でかくなるし、なんか負けた気がする。

 

 で、他にパワーアップするにはやっぱりファンではないかと、思うんですが、これまでのファンはターボファンという構造、かなり強力とされるタイプ。

 羽の角度とか数とか間隔とか大きさとか、モーターとのバランスとか、ネット検索では限界があります…やっと見つけても、専門的過ぎてちんぷんかんぷん(--;

 

 で、ようやっと見つけた聞き覚えの無いファン…

 エアーホイルファン…

 ターボファンに近い構造だけど、羽の形状が異なるもので、パワーと安定性がうんぬんと・・・

20190204194706.jpg

 で、さっそく昼休み中にデータ作成…自宅のソフトが突然動かなくなったのではかどりません(TへT

 原因不明、すでに公開終了の無料ソフト、123D-Design・・・復活熱望です。

 しかしこの形状…3Dプリンターではかなり厳しいと思うけど…

  

 帰宅後造形

 左が旧式のターボファン。

 真ん中と右が新型エアホイルファンの部品…あってるよね?これ。

20190204194707.jpg

 危惧していた通り先端が…この太さじゃこうなるよね…

20190204194708.jpg

 一応、シリコンで凸凹を埋めて組み立ててみました。

20190204194709.jpg

 ああ、うまくいくかな…シリコンが不安だな…

 

 なので、材質をABSからPLAに変更、高精細モードで6時間

20190204194710.jpg

 だいぶ改善したっぽい…でも時間かかりすぎ…ターボファンなら2時間だもんな。

 

 とりあえず、後日残りのパーツも造形して試してみましょう。

 

 

 

1月11日の…

 告知したプレゼントですが、いまだに応募者0という悲しき現実が続いております。

 それでも一応準備しなければならない悲しさよ…

 

20190203185415.jpg

 ツイッターではちょこちょこ近況報告してましたが…改めて…

 

 

20190203185416.jpg

 ここまではいつも通りですね。

 ちまちま掘りましたよ。この後、2週間以上かけてガッツリ乾燥させました。

 

 地層っぽさを出したかったんですが…乾燥するとあんまり感じませんな…

20190203185417.jpg

 そしてバリアセラ。

 天然由来の防カビ剤をまんべんなくふりかけて乾燥。

 

 水槽にセット&マスキング…

20190203185418.jpg

 

 で、こんな感じにしようかと。

20190203185419.jpg

 

20190203185420.jpg

 こんな感じになりました。バックスクリーンも装備。

 

20190203185421.jpg

 このマスキングは、逃走防止のタルクライン用…なのでこのまま発送となります。

 先に引いちゃうと輸送で落ちちゃうから。

 

20190203185422.jpg

 付属品。

 元粉末現固形蜜餌・給餌器2・エサ皿1・給水用スポイト・蜜餌保管容器・写真にないけどタルク。

 です。

完成なり

  • 2019/01/10 05:41
  • カテゴリー:工作

 タルクラインを引きましょう。

20190110054206.jpg

 ベビーパウダーでもいいけど匂いがないので。

 2㎝程塗り付けて完了。

 

今回は蓋も作ったとです。

20190110054207.jpg

 無くても逃げられることはないけど、

ハエトリグモちゃんが侵入>糸が残る>ワーカーが引っかかる>それを足掛かりに逃走経路完成  

 っていう想定外のトラブルにあったことがあるので…

 

 照明は水槽時代のものをそのまま利用明るすぎかも…20190110054208.jpg

 

 良いではないか…問題は入れる子がいないことか…

20190110054209.jpg

ページ移動

  • ページ
  • 1
  • 2

ユーティリティ

2019年03月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

カテゴリー

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ページ

  • ページが登録されていません。

新着画像

新着エントリー

おもひでのいつ
2019/03/25 08:15
おもひでのよ
2019/03/24 08:33
おもひでのみ
2019/03/23 12:27
おもひでのに
2019/03/22 12:06
おもひでのいち
2019/03/21 08:27

新着コメント

Re:1月11日の…
2019/02/18 from 承認待ち
Re:窓際食堂撤去
2019/01/04 from シン・ハン@管理人
Re:窓際食堂撤去
2019/01/03 from いるまえかわ
Re:まだまだ未完成ですが
2018/12/10 from シン・ハン@テスト
Re:まだまだ未完成ですが
2018/12/10 from シン・ハン@管理人

過去ログ

Feed